園長という仕事ならではのやりがい【求人サイトで情報を集めよう】

Nursing.net

求人情報だけではわからない園長の仕事~実際に働く人の声を聞こう~

園長という仕事ならではのやりがい【求人サイトで情報を集めよう】

子供たち

1日の仕事の流れ

保育士の1日は多忙です。朝はまず園児たちを迎える準備をします。登園後は朝礼や出席確認を行い、園児たちと一緒に遊びます。お昼には給食を食べる園児のサポートをしたり、お昼寝の準備をします。その後もおやつの時間や遊びの時間があり、帰る時間になると保護者に1日の様子を伝え、園児の見送りをします。上述した業務以外にも、おむつ交換や着替え、検温などたくさんの業務を行います。

子供

サイトを上手く活用

保育士の求人は、専門の求人サイトの方が多く掲載されています。勤務地域や条件などを絞って検索できるため、自分に合う職場を探すことが可能です。園長募集の求人もあるので、園長を目指している保育士の方はぜひチェックしてみましょう。

女性

責任重大な仕事

園長は保育園の責任者なので、様々な決定事項を任される立場でもあります。保育園の行事に関することや、保護者から保育園に対しての意見を聞くなどの対応もしなければなりません。大変な立場ではありますが、ほかの保育士たちと協力しながら、保育園の運営ができるやりがいのある職業でもあります。

園長としてのやりがいを感じる瞬間

ウーマン
no.1

園児たちの楽しそうな姿を見たとき

園児たちに楽しんでもらえるよう行事の内容を工夫したり、新しい遊び道具を導入したときなどに、園児たちの楽しそうな様子をみるとやりがいを感じるという声が多く聞かれました。

no.2

保育士との信頼関係が築けたとき

園長は保育士をまとめる立場でもあるので、信頼関係が大切です。園児たちのために環境を良くしようと、保育士と一丸になって業務に取り組むときにも喜びを感じるという園長が多かったです。

no.3

保護者との意見交換をしているとき

保護者からは保育園に対する要望や意見を言われることも多々あります。そのようなときに、折り合いをつけることは大変さもありますが、より良い環境にするためにも必要だという声もあり、ランクインしています。

no.4

地域の方と交流しているとき

園長になると、地域の方との交流をする機会も増えてきます。行事などで他園と交流することもあるので、様々な発見があるという意見も多く出ていました。

no.5

行事が成功したとき

保育園には、1年を通して様々な業務があります。それぞれの行事で園児が楽しんでいたり、滞りなく進行できると、達成感や充実感を味わうことができるという声もありました。