正社員として働きたいなら資格取得も目指そう【介護士に必要な資格】

Nursing.net

介護のプロになる~正社員の介護士として経験を積もう~

正社員として働きたいなら資格取得も目指そう【介護士に必要な資格】

複数の人

介護士の勤務形態

それぞれの職場によって少し変わることもありますが、基本的には早番・日勤・夜勤という勤務形態が多いです。仕事内容が大きく変わることはありませんが、夜勤の場合は利用者の方が寝ている間の見回りなどもあります。退勤前には、次の担当者への引継ぎもしっかり行います。

車いす

介護関係の資格は多い

正社員として働く介護士は、様々な資格に挑戦する人がたくさんいます。介護福祉士の資格以外にも、ケアマネージャーや社会福祉士の資格を取得する人もいます。高難度の資格ですが、どの資格も仕事に役立ちますし、キャリアアップも視野に入れることができます。

手

大変な部分もある

介護士の仕事は、大変な部分もたくさんあります。体力が必要というだけでなく、利用者の方とのコミュニケーションに苦戦することも多々あるでしょう。しかし、その分様々な経験を積むことができます。実際に介護の仕事をしている方の声を参考にすると、介護士の仕事に挑戦するうえで役立つでしょう。

介護福祉士の資格を取得する方法

女性たち

養成施設に通う

高校を卒業した後、専門学校などの養成施設に入ります。専門学校で知識・技術を習得してから、介護福祉士の試験を受ける方法があります。

実務経験を積む

介護士としての実務経験を3年以上積んだ後、研修を受けると介護福祉士の試験を受けられます。転職をした方などは、この方法で資格を取得する人が多くみられます。

福祉関係の高校に通う

福祉関係の高校を卒業後、実務経験を9カ月以上積むと介護福祉士の試験を受けられます。早くから介護士を目指す方は、福祉関係の高校を選ぶ人が多いようです。